1:床掘り

 2:土地の転圧

 3:鉄筋組

 4:基礎コンクリート打設

 5:根石アンカー止め

 6:ステンレスピン止め

 7:基礎裏コンクリート打ち

 8:外柵アンカー止め

 9:外柵完成 

 10:免震施工

 11:完成

シリコンゲルの採用で長期間の耐久年数を実現

「シリコンゲル」は、「耐熱」「耐寒」に優れ、-60℃〜150℃の温度範囲において特製の変化が少なく、夏は炎天下、冬は風雪にさらされる墓石には「シリコンゲル」が最適と考えました。


ダブルクッションプレートは荷重の分散化と振動を吸収

「ダブルクッションプレート」は、適度な荷重で変形し、墓石を安定して受け止め、振動を分散して吸収することで墓石を守ります。


「泰震」使用箇所

墓石のコーナーに墓石用地震ゲル「泰震」を装着します。


京都大学防災研究所での振動実験

阪神大震災 震度7クラスの揺れよりさらに強い120%の震動にも耐える。
阪神大震災や新潟中越地震などの再現テストを行い、基本的な実験から実物大の大型墓石まで実証しています。