基礎舞台を新しく制作。
 累代墓を正面に、その左右に軍人墓碑、先祖墓碑をまとめておまつりしました。


 ブロックの基礎・玉垣が時が経ち、墓も傾いてきていると言う事で外柵工事を石で制作する 方法を取りました。また、墓碑も古くなってきていたので、自社工場に持ち帰り本磨をかけ 直しました。柵付き納骨室を制作し、花立てを建てやすくするため、ステンレス花筒が入る よう花立穴をボーリング加工しました。


 芸予地震で玉垣石のくずれ(写真左側)の被害がでました。リフォームでは既存の石を全て使用 し、基礎の中に草が生えているのでコンクリートを敷き、基礎の強化をしました。


 墓石、基礎の傾きの修正と共に、、墓石の整理、基礎舞台の制作をしました。方向を変え前 を広々と取ったとこで、お参りがしやすくなりました。


 墓碑の移転にあたり、基礎土台石を制作。
 入り口を広くとり、バケツ等が入るように収納庫を基礎土台の中に付けました。


 墓石が古くなり、納骨室もいっぱいで納骨が出来ないので、墓石と基礎を立て直すことにな りました。