山本石材工業では四国の銘石、愛媛県の大島石と、香川県の庵治石を中心にお取り扱いをいたしております。
共に全国的に有名な石で、特に関西地域での人気が高く、一級の石として名高い銘石です。
ここではその大島石と庵治石をご紹介いたします。
もちろんその他の国産、海外産の石もお取り扱いしておりますので、お気軽にご相談ください。



- 大島石 -
瀬戸内海に浮かぶ島、愛媛県今治市の大島で採石されている伊予大島石は、江戸時代から堅牢な石として知られています。明治から大正、昭和にかけて採石技術の進歩や機械化のおかげで採石量が増え、全国的に一躍脚光を浴びるようになりました。特に産地に近い、関西や中国地方では、お墓といえば“大島石”と言われるほど絶大な信用があります。
伊予大島石は、花崗岩特有の雲母、石英、長石の配合がとても美しい石肌を作り上げ、石目も細やかで気品ある高級墓石材として高い評価を得ています。また、石の硬さと吸水性の低さは全国の花崗岩の中でもトップクラスで、劣化しにくく品質の安定が保証されています。そして時を経るごとに、石肌の青みがより美しく深くなることも大島石の大きな特長です。


- 庵治石 -
瀬戸大橋のふもと、香川県庵治町と牟礼町を中心に採石されている庵治石は、日本の代表的な花崗岩の石材産地としてとても有名です。
庵治石は、石英と長石を主成分とし、少量の黒雲母と角閃石を含む固い岩石です。一つ一つの結晶がきわめて小さく結合が緻密なため、他の地域の花崗岩より硬いのが大きな特長です。水を含みにくく、風化や変質にも強いため、長年にわたり美しい墓石を保つことができます。黒雲母が細やかに大量に入っているため青みがかった石肌が大変美しく、また「斑(ふ)」や「ぼたん」と呼ばれるまだらな地模様に濃淡が出る現象は世界の石材の中でも類がなく、品質ともに世界一と評されています。